食い食いブログ

食い食いブログは2chやtwitterでの食に関わる声を皆様に毎日お届けするまとめブログです。 また食に関わる芸能ニュースなども合わせて発信致しますww

    食品


    水戸駅改札前に「納豆ブース」 魅力広くPR - 日本経済新聞
    スペースや種類の多さなどの関係から販売はしていない。市内の小学生が考案した納豆パックのデザインも展示している。 同市は2017年の1世帯あたりの納豆購入額で首位から陥落しており、改めて納豆消費を促す狙いがある。水戸の梅まつりが開催中ということもあり、県外からの観光客に対しても幅広く納豆の魅 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 prtimes.jp)


    納豆でいうと納豆のから揚げなんかどうでしょうかwww

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/02/22(木) 04:46:55.756 ID:/DrAiv5R0.net

    ひき肉


    【納豆にとっても合う食材を教えてしんぜようwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    「恐ろしくうまい…」料理研究家も唖然!生ハムのような“食べる削り節”が話題に - ウオーカープラス
    食べる削り節」以外にも、一般的には出汁をとるために使う乾物類を「食べる○○」としてアレンジした商品は様々。例えばお茶や乾物類の加工をしている「株式会社 永井」は、小イワシに食べやすく味付けをした「味付食べるにぼし」を販売。こちらもお酒のおつまみに最適な商品となっています。 また料亭などで使われる ...
    (出典:ウオーカープラス)



    (出典 www.onyado-yumenoya.com)


    出汁昆布もそうですが、昆布の佃煮なんかはご飯のお供に最高ですね~www

    1 風吹けば名無し :2018/02/20(火) 01:28:40.89 ID:ZkNjLAQt0.net

    自分がわからないだけでなんか悪いことが起きてる気がする


    【出汁昆布って一端食べるとクセになったwww】の続きを読む


    たった10グラムで、その10倍分の野菜の栄養が摂れるパウダー「NICE n ... - TechCrunch Japan
    朝食からしっかりとした食事をとるべき、というのは分かっているけれど時間がない。結局、トースト1枚で済ませてしまう。そんな人にぴったりの商品を日本のスタートアップが提供している。 Techbookが提供する食品パウダー「NICE n EASY(ナイスンイージー)」は、野菜・果物・フルーツを粉にしたものを独自のレ..
    (出典:TechCrunch Japan)



    (出典 www.recycle-toner.com)


    これは御老人とかの食が細い病気療養中の食事にはいいでしょうね~w

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/02/15(木) 08:21:07.22 ID:ClIkrutT0.net BE:754019341-PLT(12345)


    (出典 img.5ch.net)

    たった10グラムで、その10倍分の野菜の栄養が摂れるパウダー「Nice n Easy」が法人向けプログラム
    http://jp.techcrunch.com/2018/02/14/niceneasy/

    朝食からしっかりとした食事をとるべき、というのは分かっているけれど時間がない。
    結局、トースト1枚で済ませてしまう。そんな人にぴったりの商品を日本のスタートアップが提供している。

    Techbookが提供する食品パウダー「NICE n EASY(ナイスンイージー)」は、野菜・果物・フルーツを粉にしたものを独自のレシピで配合したパウダー製品だ。
    水や牛乳などと混ぜて飲むことで、簡単に野菜などの栄養をとることができる。
    (略)
    Nice n Easyの最大の特徴は、その製造方法だという。Nice n Easyの食品パウダーはTechbookと提携する九州ベジパウダーが製造しており、その工程には「ターボドライシステム」と呼ばれる独自の技術が利用されている。
    これは、“加熱と粉砕”にかかる時間を通常の製粉技術よりも大幅に短縮した技術だ。これにより、野菜を乾燥させる過程で失われる栄養素を最小限に抑えることができる。
    そのため、10グラムのNice n Easyを食べるだけで、100グラム分の野菜の栄養素を摂ることが可能になった。

    Nice n Easyは定期購入と通常購入の2種類の方法で購入することができる。より価格の安い定期購入では、30食分のパウダー入りのパックが9820円で販売されている。
    つまり、1食あたり327円ということになる。1本100円程度で野菜ジュースが売られていることを考えると少し高い気もするが、清水氏は「野菜ジュースのなかには甘くするために角砂糖3個分の糖分が入っている商品もある」と話す。
    だから野菜ジュースは飲みやすいということもあるのだけれど、それだと逆にお腹周りが心配になってしまう。
    (略)


    【【話題】たった10グラム!野菜の10倍栄養のとれるパウダー現れる!!!】の続きを読む


    健康に美しく!コートニー・カーダシアンが1日の食事スタイルについて語る - ハリウッドニュース
    気になる朝食は穀粒のオートミールを加熱調理して食べるというシンプルなもの。ここでのポイントは、加熱したオートミールに果物や、振りかけることが可能な細かい種、働きバチが花粉をペレット状に丸めた健康食品ビーポーレン(蜂花粉)、そして蜂蜜を主に取り扱うdrizzleの蜂蜜などを一緒に食べること。日によって加えるも ...
    (出典:ハリウッドニュース)



    (出典 thumbnail.image.rakuten.co.jp)


    オートミールはダイエット食にはいいでしょうね~w
    ただお味のほうが日本人にはなかなか馴染めないような・・・

    1 風吹けば名無し :2018/02/15(木) 05:46:01.74 ID:jyOy6EAGd.net

    マッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ


    【【動画あり】オートミールが不味いと思うのはワイだけか?】の続きを読む


    アメリカンフーズ秘宝館〜ええもんありまっせ〜 No.4 真菌由来の代替肉「クォーン」 - N.Y.ニッチ
    この業界には、イギリスで非常にポピュラーな商品「Quorn(クォーン)」というのがあります。 日本ではまだ食品として認可されていないはずなので販売されていないと思いますが、アメリカでは普通に売ってます。 前回でご紹介した「Beyond Meat」よりも歴史はずっと古く、本国のイギリスでは1986年、アメリカでも2001年か ...
    (出典:N.Y.ニッチ)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    時代が進むにつれて色々なものが開発されてきますね~w

    1 ■忍法帖【Lv=18,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2018/02/14(水)10:04:40 ID:???

    <さまざまな疑問は残りつつも人工肉市場が急拡大している。いつか本物の肉の味を知らない子供も出てくるのか...>

    肉の代替食品「クォーン(Quorn)」の存在感が増している。
    日本では見かけないこのクォーンだが肉によく似た食感が好評で、ヨーロッパでは30年以上前からスーパーなどで販売され、
    特にビーガン(完全菜食主義者)やダイエッターの間で人気が高い。

    英ガーディアン紙によると、市場規模は着実に伸びている。先週発表されたヨーロッパとアメリカでのクォーンの
    2017年の成長率はそれぞれ27%と36%で、世界全体では前年比16%拡大したと報告された。2027年には
    市場規模は数十億ドルに成長するといわれる。

    クォーンは、キノコ?カビ?
    欧米の食卓に浸透するクォーンだが、その原料や生産方法はベールに包まれた部分が多いという。
    クォーン社は1985年、イギリスの食品大手マーロウ・フーズと大手パンメーカーのホービス、化学品メーカーICI
    (現在はアクゾノーベル社の一部)のジョイントベンチャーとして設立。世界人口の爆発的な増加が危惧されるなかで、
    食用酵母、カビ、バクテリアを繁殖させて人工タンパク源を探究するプロジェクトに取り組んだ。

    1985年までにイギリス政府はクォーンの販売を許可した。
    ただ、ここでも「結局クォーンは何からできている?」という疑問は残ったままだ。

    英ガーディアン紙によると、タンパク質にグルコース、固定窒素、ビタミン、ミネラルを加え熱処理し、
    過剰なリボ核酸を取り除いたフザリウム・ベネナタムの菌株から作られているそうだが、これではピンと来ない。
    簡単に説明すると、キノコのタンパク質を発酵させた「マイコプロテイン」という。

    現在はフィリピンの食品会社モンド・ニッシンがブランドを所有し、ビーフステーキ風など100種類以上の
    食品にアレンジして販売している。

    ほぼ全てのクォーン製品には卵が含まれており、ビーガン仕様のものはジャガイモのでんぷんで代用している。
    香料や着色料、タピオカでんぷん、パーム油、エンドウ豆繊維などの成分を掛け合わせ、巧妙に作られている。
    環境問題に明るいジャーナリストのジョージ・モンビオットが「鶏肉やミンチと区別がつかない」と評したほどだ。

    (以下略)

    2018年2月13日(火)19時15分
    ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9523.php


    【人工肉クォーンって何物???】の続きを読む

    このページのトップヘ